マルチーズの飼い方

 

マルチーズを迎える準備をしよう!

 

マルチーズを飼うのに必要なグッズは、ケージまたはサークル、ベッド、トイレトレー、トイレシート、ドッグフード、犬用食器、給水器、おもちゃ、ブラシやシャンプー、涙や涎やけのケア用品などのお手入れ用品、キャリーケース、リードや首輪などのお散歩グッズなどが必要になります。

 

ケージの中が生活スペースになるので、ケージの中にベッドとトイレを入れても平気な大きさのものにしましょう。

ケージの置き場所は、家族が集まる部屋などで、直射日光や冷房の風などが直接当たる所は避けてあげてください。

 

ベッドは、汚れても洗いやすいものを使い清潔に保つようにしてあげましょう。

トイレトレーは、メッシュのカバー付きのものだといたずらしてびりびりにされてしまうことが防げます。

足をあげておしっこする男の子の場合は、壁に立てかけて使うL字型のトイレトレーだと壁が汚れるのを防ぐことが出来ます。

 

ドッグフードは、今までのものから急に変えるとお腹を壊してしまうこともあるので今まであげていたものと同じものがいいと思います。

犬用食器はご飯を食べたり水を飲んだりするときに使う食器で、ステンレス製のものが割れないし、汚れもふき取りやすく傷がつきにくいのでお勧めです。

水飲みに関しては給水ボトルを使うとひっくり返したり水を飲む時に口元が濡れにくいのでびしゃびしゃになりにくいです。

 

キャリーケースはお出かけ時に使いますが、家の中でもなかにタオルケットなどを入れてあげて寝床として使っているとお出かけ時にも落ち着きやすくなります。

食餌について

 

食事の回数は子犬の頃は1日3~4回、成犬になると1日1~2回与える必要がありますが、老犬(シニア)になると消化に負担がかかるようになるので1日2~3回と1回の食事量を減らして回数を増やすようにしましょう。

 

食事の量ですが、基本的にはパッケージ裏にかかれている量を参考に与えます。

目安としては15分くらいで食べきれる量がいいとされますが、便の状態によりある程度は食事量の加減がある程度わかります。

便がコロコロと硬すぎる場合は、ごはんの量が足りなく、逆にやわらかい便の場合はご飯の量が多すぎる可能性があります。

ちょうどよい便は硬すぎず掴んで捨てても床が汚れない位だとされていますが、便の状態はえさの量だけでなく体調にもかかわるので見極めは大切です。

 

マルチーズのドッグフードは、犬に合わないと涙やけを起こしやすくなってしまう場合があります。

涙やけ対策にいいフードとしては、良質なたんぱく質を含むフード、穀物不使用、人工添加物不使用のフードだと言われています。

なぜなら、質の悪いたんぱく質や穀物、人工添加物などは消化が悪く老廃物として鼻涙管に溜まりやすいために流涙症になりやすいからだと言われています。                                                                                  

しつけについて

 

飼い主とは愛情を持って付き合い、非常に従順ですが、甘やかしすぎてきずなが強くなりすぎると排他的になってしまうので、子犬の頃から一貫性を持ったしつけが大切になります。 

お手入れについて

 

マルチーズの白い被毛をきれいに保つにはブラッシングなどのお手入れが大切になります。

ブラッシングにはできれば目が粗いのと細かいのが一緒になっているコーム(櫛)と毛を伸ばしている子にはピンブラシ、短くカットしている子にはスリッカーブラシが必要になります。

 

最初にピンブラシまたはスリッカーブラシを使って犬が怖がらないようにゆっくりと優しく梳かしてあげましょう。

顔の近くから梳かし始めると怖がったり落ち着かなくなってしまったりする子もいるので、できるだけお尻に近い方からブラッシングしてあげてください。

マルチーズは毛が細くて長いため毛玉ができやすいので、毛玉を見つけたら指である程度ほぐしてからブラッシングをします。

毛玉が付いたままブラッシングしようとすると毛玉が引っかかってしまって犬が痛がってしまいます。

 

ブラッシングをしたら次はコームを使ってコーミングします。まずは目の粗い方を使って梳かしていきます。ブラッシングと同じくひっかかる所があったらほぐしてあげてください。目の粗い方でひっかからなくなったら目の細かい方を使いコーミングしてあげることでもっと滑らかになります。シャンプーする前はしっかりブラッシングしてからじゃないと濡れると毛玉がほぐれにくくなってしまいます。

 

ブラッシングは毛の通気性や血行を促して皮膚病を防ぐためだけではなく愛犬とのスキンシップの時間にもなり飼い主とワンちゃんのきずなが深まる大切な時間でもあります。ブラッシングを嫌がる子には1回で終わらせようとしないで少しずつ行い嫌な思いをする時間が短くなるようにして徐々に慣らしていくようにしましょう。

嫌がっているのに無理に続けているとブラッシングが大嫌いになってしまう可能性があります。

 

犬は人間と違い自分で涙が拭けないので目元に涙が溜まりやすく、溜まった涙が「涙やけ」という毛の変色を起こしてしまうので、ローションや水で濡らしたコットンを使ってふき取ってあげる必要があります。

目の周りが濡れたままでも変色の原因になってしまうので、乾いたコットンで軽くふいてあげてください。

目の周りの毛が伸びていると伸びた毛が目にあたってしまい角膜が傷ついてしまい、涙が多くなることもあるので目に毛が入らないように注意しましょう。

また、目の周りだけじゃなく食べかすなどが付きやすい口周りも変色しやすいので注意が必要です。

病気・怪我の予防

 

マルチーズは長い被毛を持っていますが、シングルコートの為、夏の暑さも冬の寒さも苦手なためにエアコンを浸かって室温を20度~25度に保つようにしましょう。

夏は熱中症の危険性もあるのでエアコンのドライか冷房をつけっぱなしにしてあげたり、涼しく休めるように冷感マットをベッドやハウスに入れてあげたりしましょう。

冬も暖房を入れてあげたり、ペット用ヒーターを入れてあげたりしてあげましょう。

 

冬は乾燥しやすいのでウィルスが蔓延しやすくなったり、気管支炎になりやすくなったりするので湿度は50~60%に設定してあげると良いです。

また、暖房や冷房を使うときは直接エアコンの風が当たらないように注意してください。

 

マルチーズは体が小さく遺伝的に関節が弱いことも多いので床で滑って転んだり、負担がかかって骨折したりしてしまうこともあるので滑りやすいフローリングには滑り止めマットやカーペットをひいて関節への負担を減らしてあげましょう。

 

 

ページ内検索

品種別おすすめペット保険

トイプードル チワワ ミニチュア・ダックス カニンヘン・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル ミックス犬・ハーフ犬

品種別かかりやすい病気・ケガ

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

品種別ペットの解説

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー コーギー フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

ペットの飼い方

犬全般
犬品種別


トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュアダックス 柴犬ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー フレンチブルドッグウェルシュ・コーギー・ペンブローク マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル
猫全般
猫品種別


スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルーアビシニアン ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール
うさぎ
フェレット
カメ
イグアナ

保険会社の解説(メリット・デメリット)

アニコム
アイペット
日本アニマル倶楽部
ペット&ファミリー
イーペット
楽天

MENU

ペット保険とは
ペット保険の必要性
診療費の目安(相場)
ペット保険用語集
犬猫と人間の年齢
ご契約の流れ
よくあるQ&A
口コミ・評判
お問い合わせ
ブログへ
ペット関連リンク集