カニンヘン&ミニチュアダックスの飼い方

ダックスを迎える準備をしよう!

 

<必要なもの>

★食器 

ひっくり返さないように安定性のいいものを選びましょう。

 

★フード 

ドライフードが便利で安全です。年齢に合ったものをあたえましょう。

 

★おもちゃ 

やわらかいものは破片を誤飲しないように注意。

 

★ブラシ・コーム 

長毛の場合は、スリッカーブラシ、短毛の場合は、豚毛ブラシなど 毛種によってあったブラシを選んでください。

 

★お手入れ用品 

犬用シャンプーや爪切り、イヤークリーナーなどできれば自分でお手入れできる世になった方がいいですが難しかったら無理せずトリミングサロンなどにお願いしましょう。

 

★消臭剤 

トイレを失敗されたときにおすすめ。別の臭いでごまかすものではなく尿をバクテリアで分解するタイプがおすすめ。

 

★ハウス 

留守番や来客時に入っていてもらえるように用意しましょう。成犬になっても使える大きさのものを選んで長く使いましょう。

 

★ベッド 

子犬がすっぽり入るくらいの大きさのものがおすすめ。大きすぎると中で粗相してしまうかもしれません(段ボール箱にタオル等をひいてもOK)

 

★ペットキャリー 

お迎え時やお出かけ、獣医さんに連れて行くときなどに必要。成犬になっても使えるものを。

 

★トイレ 

ペットシーツ、いたずらをされるようならメッシュカバー付きのトイレトレーがおすすめ。

 

★環境づくり 

コンセントなどを噛まれないようにカバーをしたり届かない所に配線したりする。子犬の落ち着ける環境を事前に準備する、小さいものや危険なものを片付けておくなど

 

食餌について

 

食事は安心して食べることが出来る場所で与えてあげてください。特に毎日使う食器はきれいにして新鮮な水も用意してあげましょう。

また、ダックスフンドは胴長短足という体型から椎間板ヘルニアや糖尿病にかかりやすい犬種なので体重管理はしっかりやらなければいけませんが、ミニチュアダックスは特に食欲旺盛なので特に飼い主が食事制限をしっかりしてあげる必要があります。

 

ドッグフードには、ドライフード、ウェットフード、自家製などの種類がありますが、栄養の知識がある方は別ですが、市販のドライフードが1番保存も効きやすいのでお勧めです。

市販のドッグフードでも質が高いのも多く販売されているので、購入する時は、「総合栄養食」と書かれているフードを購入するようにいましょう。

また、人間の食べ物は味が濃く、必要以上に塩分やカロリーを取ってしまうので、与えないようにしましょう。(あげるなら味つけしていないキャベツなどの野菜、鳥のササミを湯がいたものなど)

ネギ類やチョコレート、魚介類などは中毒を起こす危険性があるため絶対与えないでください。

しつけについて

 

室内犬としては、最低でもつぎの5つのしつけが必要最低限になってきます。

1、トイレを失敗しない。

2、他の人や犬とも仲良くできる。

3、インターフォンの音に吠えない、騒がない。

4、家の中のものをむやみにかじらない。

5、ハウスが上手にできる。

が必要になってきますが、自分でしつける際に気をつけるポイントもあります。

 

1つ目は、「子供に教えるつもりで繰り返し教えること」で、1回ですぐに理解することはできず、何回も繰り返して根気強く教えることでこれはこうなのだと理解しますので繰り返し教えることは大切になります。

2つ目は、「教え方を統一すること」で、1人暮らしである場合は、教える人が1人しかいないので、教え方をころころ変えなければいいですが、家族で暮らしている場合は、家族の中で、教える時の言葉や身振りなどの教え方を統一する必要があります。

例えば、「お座り」を教える際に、Aさんは、「お座り」で呼びかけていてもBさんは英語で覚えさせようと「シット」で呼びかけていると、犬は混乱して覚えにくくなってしまうので統一しておきましょう。

お手入れについて

 

ブラッシングやコーミングは、ダックスの体を清潔に保ち、健康を維持するためには欠かせないお手入れです。

抜け毛やフケ、汚れやノミを落とす効果だけではなく皮膚を刺激することにより新陳代謝が高まって皮膚病の予防にもなります。

皮膚にシコリやできもの、毛玉などが出来ていないかを確認しながら優しくブラッシングして、毛玉があった時は無理に引っ張らないで、ケガさせないようにハサミで少しさいてからブラシでほぐすといいでしょう。

 

また、ダックスの耳は大きく垂れ下がっていて通気性も悪く汚れもたまりやすいので、こまめな耳掃除も必要になります。

耳掃除は、犬用のイヤーローションなどを綿棒やコットンに浸み込ませて使いますが、炎症などを感染させないために片耳ずつ別のものを利用しましょう。

また、爪切りや週1回ほどの歯磨き大切です。爪切りは、室内飼いの場合の方が伸びるのが早く、伸ばしたままだと歩く姿勢が悪くなったりするので、爪の中の血管に注意してカットしてあげましょう。

病気・怪我の予防

 

ダックスが肥満になると、椎間板ヘルニアや、糖尿病になってしまいますので、注意が必要です。

糖尿病は、食べすぎやカロリーの過剰摂取、運動不足やストレスが原因です。

ダックスは運動や遊ぶことも大好きなので、運動させることでストレス発散にもつながります。

胴長短足という独特の体型のため、椅子やソファーなどから飛び降りたり、階段の昇り降りなどは腰への負担が大きくなってしまうのでさせないようにします。

椅子やソファーの下には衝撃を吸収するためにカーペットをひくなどの対策が必要です。

ページ内検索

品種別おすすめペット保険

トイプードル チワワ ミニチュア・ダックス カニンヘン・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル ミックス犬・ハーフ犬

品種別かかりやすい病気・ケガ

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

品種別ペットの解説

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

ペットの飼い方

犬全般
犬品種別


トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュアダックス 柴犬ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー フレンチブルドッグ
猫全般
猫品種別


スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルーアビシニアン ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール
うさぎ
フェレット
カメ
イグアナ

保険会社の解説(メリット・デメリット)

アニコム
アイペット
日本アニマル倶楽部
ペット&ファミリー
イーペット
FPC
楽天

MENU

ペット保険とは
ペット保険の必要性
治療費の目安(相場)
ペット保険用語集
犬猫と人間の年齢
ご契約の流れ
よくあるQ&A
口コミ・評判
お問い合わせ
ブログへ
ペット関連リンク集