チワワについて

 

ルーツ

 

チワワの祖先は古代メキシコに存在していた「テチチ」という犬だったと考えられています。テチチについての記録は、9世紀以降に発見されたとなっていますが、テチチに近いものは紀元前15世紀頃、マヤ文明で栄えたユカタン半島のチチェンイツァ遺跡でも見つかっているとされています。


テチチは、被毛の色によって用途が異なり、赤褐色のテチチは、宗教的儀式の生贄や食用にされ、ブルーのテチチは神の使いとして大切にされていたと伝わっています。
紀元15世紀ころ、コロンブスがアメリカ大陸発見の際にコロンブスからスペイン国王にあてた手紙の中で、南米で発見した小さな犬の存在に触れられています。16世紀に入り、スペイン軍が南米を侵略すると、テチチたちも滅亡の危機にさらされていたと推測されています。


その後、メキシコのチワワという町で、発見された小さな3頭の犬たちが発見された土地から「チワワ」と名付けられて現在に続くチワワの基礎となっているとされています。チワワたちは発見者によりアメリカに持ち替えられて犬種の固定化が図られました。50年にわたる繁殖と犬種の固定化の動きの中で、ベーリング海峡からアラスカを経由してアメリカに入ってきたチャイニーズクレステッドドッグなどが交配に使われて現在のチワワに近い形になったとされています。


南米メキシコを原産とし、アメリカで育種されたチワワは1904年にアメリカケネルクラブに登録されることになりましたが、アメリカでは現在も大型犬が人気犬種ランキング上位に大型犬が何匹かいるほど住宅事情にゆとりがあり、チワワのような小さすぎて使役犬としても使えないような犬は需要があまりないため、1950年代までは登録頭数も増えないままでしたが、1960年代以降、近代産業が発展して都市化が進んだことにより、家庭で飼いやすい大きさのペットとして人気を集めて近年では登録頭数上位20頭の常連になっています。


日本に本格的に輸入され始めたのは1970年代で、高度経済成長気を経てバブルを迎えていたので大型犬が流行っていましたが、景気が落ち着き始めたことにより日本の都市部でもペット可マンションなどが増えましたが犬の大きさに制限があるため、小型犬や超小型犬に人気が集まるようになり21世紀の現在では、チワワはダックスやプードルと並んで都市生活の住民の中で愛されていてジャパンケネルクラブの登録頭数でも毎年上位に入っています。

毛色・毛質

 

チワワには、レッド、セーブル、クリーム、ホワイト、ブルー、イザベラ、チョコレートなどの単色(1色)の色や、ブラック&ホワイト、ブラウン&ホワイト、など2色の毛色があるトライカラー、3色以上のパーティーカラー、また、ブラック&タンなどの目の上に体のベースと異なる差し色が入り、垂れた眉毛の様にタンマーキングが入った「タン」が入った子などがいるなど、ほぼすべての毛色がジャパンケネルクラブで認められていますが「マール」という大理石のようなマーブル模様の子だけは、マールの遺伝子を持つ犬同士を交配させると、健康障害を持つ子犬が産まれる可能性が高いために正しい犬質維持の観点からマールは認められなくなりました。

 

ロングコート(長毛)とスムースコート(短毛)がいて、スムースコートは、滑らかで光沢のある毛が密生しており、首の毛はやや粗めで、頭と耳の毛が非常に短いという特徴があり、ロングコートは、柔らかく、まっすぐか柔らかにカーブした被毛であり、耳、首、四肢の後ろ側、尾の毛は特に豊かに密生しています。また、毛色によっては成犬になる時に毛色が変化することもあり、チワワは七変化の犬としても有名です。

性格

 

明るく陽気で活発ですが、勇敢な性格です。甘えん坊で飼い主に忠実でお利口でもあります。非常に保守的で家族とそうでないものをはっきり区別しますので、侵入者に対し非常に敏感で番犬として優秀ですが、恐がりでもあるので吠え癖もあります。また、見知らぬ人には懐きにくく一気に近づこうとすると噛まれることもあるのでチワワの様子を見ながら距離を取って行く必要がありますが他の犬などとは仲良くできることも多いので興味を持った子にはどんどんコミュニケーションを取って社会化を身につけられるようにしましょう。

特徴

 

チワワは世界で1番小さい犬ともいわれています。チワワの手足は細いもののがっしりした胴体と頭蓋骨を持っています。立耳の超小型犬で、理想体重は1.5kg~3kgとされています。
チワワの体形は3種類に分けられていて、「ドワーフタイプ」と「ハイオンタイプ」と「スクエアタイプ」に分れています。ドワーフタイプは、むっちりした筋肉質で、たくましい四肢を持った体形で手足や首が短く、ハイオンタイプは、すらりとした華奢な体形で四肢が長いです。スクエアタイプは、手足や首が短すぎることもなく、長すぎることもない普通のチワワの体形で、ドワーフタイプでもハイオンタイプでもないチワワが分類されるタイプです。


ボディを横から見た時、首の付け根の部分の位置は高くなっていて、背中はまっすぐで短く、お尻の部分はわずかに円を描くアーチのような形をしています。
また、短めのマズルや、「アップルドーム」と呼ばれているりんごのように丸みを帯びた頭、額が出ている形や「大きなうるうるとした目」や「大きな耳」などの個性があります。
顎も小さくて、口も小さいのですが、歯は小型犬でありながら鋭く丈夫です。歯のかみ合わせは、上下の歯がぴったりと噛み合う子と、上の歯が下の歯よりも少しだけ前に出て噛み合うタイプの子がいます。

 

チワワのおすすめペット保険

 

<このページに関連したページ>
チワワの飼い方

ページ内検索

品種別おすすめペット保険

トイプードル チワワ ミニチュア・ダックス カニンヘン・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル ミックス犬・ハーフ犬

品種別かかりやすい病気・ケガ

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー ウェルシュ・コーギー・ペンブローク フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

品種別ペットの解説

トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュア・ダックス 柴犬 ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー コーギー フレンチブルドッグ マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル

スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルー ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール

インコ
小動物

うさぎフェレット
爬虫類

カメ イグアナ

ペットの飼い方

犬全般
犬品種別


トイプードル チワワ カニンヘン&ミニチュアダックス 柴犬ポメラニアン ヨークシャーテリア ミニチュアシュナウザー パピヨン シーズー フレンチブルドッグウェルシュ・コーギー・ペンブローク マルチーズ ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバー キャバリア ジャックラッセル・テリア パグ ビーグル
猫全般
猫品種別


スコティッシュフォールド アメリカンショートヘアー マンチカン ロシアンブルーアビシニアン ペルシャ メインクーン ブリティッシュショートへア ノルウェージャン・フォレスト・キャット ラグドール
うさぎ
フェレット
カメ
イグアナ

保険会社の解説(メリット・デメリット)

アイペット
SBIプリズム少短
ペット&ファミリー
イーペット
楽天

MENU

ペット保険とは
ペット保険の必要性
診療費の目安(相場)
ペット保険用語集
犬猫と人間の年齢
ご契約の流れ
よくあるQ&A
ペット保険の口コミ
ご契約者様口コミ投稿フォーム
お問い合わせ
ブログへ
ペット関連リンク集

犬のしつけDVDプレゼント